ホーム » 大夢祭 » 第45回(平成30年度)大夢祭 祭文

第45回(平成30年度)大夢祭 祭文

 薫風天地に満つる皐月半ば十五日、新緑の色さやかなるここ岐阜護國神社の招魂祭場に、五・一五関係先歿者、維新運動の先覚者各位の御霊を招きまつりませまつリ、慎しみ畏み、御霊鎮めの祭典を厳修致します。
 英霊よ、乞い願わくば、髣髴として我等の祈りと 誓約を享け給え。
 謹みて昭和七年五月十五日、永田町の総理官邸において悲しくも斃れ給いし木堂犬養毅之命、官邸護衛の警視庁巡査・田中五郎之命、並びに昭和維新を目指して蹶起した三上卓之命をはじめとする維新運動の先覚者の英霊を招きまつりおろがみまつる。
 五・一五事件が行われた昭和七年五月十五日。この日この時、日本の歴史に刻まれた一条の精神、一片の赤心は、なお凛然として存すべきであります。ここに私どもは、唯々ひたすらに頭を垂れて、我が誠の足らざりしことを、嘆き悲しむのであります。
 今日この日、このところにおいて、諸英霊を祀るに当り、ただ祈るところは、皇御民の不滅の精神をもって幽明ともに相結び、天翔ける御霊もいま生きる私どもも、恩讐を超え、生死を超え、等しく、維新の実現と祖國日本の恢復とアジア大同の悲願のために、真心の限りを捧げ、命の限りを尽すことであります。
 昭和三十二年五月十五日の招魂祭において、三上卓之命が振り返った通り、五・一五事件当時、庶民の祈りも空しく、政党、重臣、官僚、財界、軍閥が互いに結托して、朝憲を紊乱し、共産主義思想が蔓延して國體を破却せんとし、農山漁村、国民大衆の窮乏は言語に絶し、国を挙げて深刻な社会不安の中に沈潜しておりました。米英の金権勢力とソ連の革命謀略の挟み撃ちにあい、国防は危殆に頻し、軍隊は国軍の自覚を失い、まさに民族の生命、窮して留まるところを知りませんでした。
 この国家内外の危機を根底より打開して民族の生氣を恢復するために、三上卓之命を始めとする先達は敢えて直接行動に訴えんとしたのです。その志を支えたものは、皇統守護のために身を挺する楠公精神であり、君民一体の國體の理想を忘却した「幕府的権力」を討たんとする道義心であり、それは大化の改新、建武の中興、明治維新の原動力でもありました。
 三上卓之命達の乞い希いし昭和維新運動は貫徹されないまま祖國は大東亜戦争に突入し、万策尽きて降伏を余儀なくされました。占領体制によって民族的自覚、國體に対する誇りを喪失し、植民地的属領国家の様相を呈しました。この状況を打破せんとして、再び多くの先覚者たちが身を挺して立ち上がりました。昭和三十五年十月十二日に浅沼稲次郎之命を誅し、同年十一月二日に自決した山口二矢烈士。昭和四十五年十一月二十五日に自衛隊決起を呼びかけた末自決した三島由紀夫烈士と森田必勝烈士。平成五年十月二十日、朝日新聞の反日的姿勢を糺すために、壮絶な自決を遂げた野村秋介烈士。さらに多くの先達が維新運動に挺身して参りました。
 謹みてこれら義挙を敢行して今は亡き先達、これにつらなる有縁無縁の数え難き多くの先輩同志同胞の御霊を招きまつりおろがみまつる。
 戦後七十三年。いまなお占領憲法の破棄、自主防衛の確立は実現されず、我が国は真の独立国家としての地位を恢復できないまま沈没の危機に直面しています。外交の主体性を発揮できないまま、激動の東アジア情勢に翻弄され続けています。国内を見れば、個人主義、利己主義が蔓延し、新自由主義経済の浸透によって破壊された社稷は今、更なる危機に陥ろうとしています。日本民族の道統、果してどこにありやと深憂に堪えません。
 祖國再建の初一念、断じて忘るべからず。三上卓之命の悲願の継承、道統の実践は、我々の責務であり、使命であります。ここに私どもは日本民族・アジア諸民族の名誉と生命にかけて、期するところを先人烈士の御霊の前に誓約いたします。
 もしも祖國日本の中に「幕府的亡国勢力」が存在するならば、私どもは断じてこれを討ちます。アジアの中に、そして世界の中に萬世のため開かるべき太平を阻害する国があるならば、私どもは誓ってこれと闘います。 私どもは生死を超えて、あくまでも國體を守り、国賊と闘わざるを得ません。
 そして、さざれ石の巌となりて苔むすまでも、正しきもの、誠のもの、麗しきもの、悲しきもの、遥かなるもの、人も国も相共に仲良く結び合い、励まし合い、助け合って、祖國日本とアジアの精神を護り抜かねばなりません。
  益良夫のかなしき命つみ重ね 積み重ね守る 大和島根を
 今日中今、いまし達の御前に、私どもがお約束申し上げ得ることは、唯々この事あるのみであります。
 真心の道一筋に大御心を奉じ、戦歿諸霊の悲願を抱きしめ、祖國再建、アジア開眼のうめ草に捧げ尽さんとする私どもの願いと誓約を乞い願はくば、御霊達よ、永久に守らせ給え、この志を果たさしめ給え。
 もしも、この誓願に背き、仇し心を抱き、汚き道に踏み迷う者一人でもいれば、たちどころに天罰を下し給え、天誅を加え給え。
 今や、皇御國の 常永久の命に帰一し給える御霊たちを、恭々しく祭文奉る。乞い願わくば、天かけり國かけりまして、莞として享け給え。
祭主 愚斎・坪内隆彦謹み畏みて申す。

  平成卅年五月十五日


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です