ホーム » 三上卓の生涯 » 「日本国民に檄す」

「日本国民に檄す」

日本国民よ!
刻下の祖国日本を直視せよ、政治、外交、経済、教育、思想、軍事、何処に皇国日本の姿ありや。
政権党利に盲ひたる政党と之に結託して民衆の膏血を搾る財閥と更に之を擁護して圧制日に長ずる官憲と軟弱外交と堕落せる教育と腐敗せる軍部と悪化せる思想と塗炭に苦しむ農民、労働者階級と而して群拠する口舌の徒と……
日本は今や斯くの如き錯綜せる堕落の渕に既に死なんとしてゐる。
革新の時機! 今にして立たずんば日本は亡滅せんのみ。
国民よ!武器を執って立て、今や邦家救済の道は唯一つ「直接行動」以外に何物もない、 国民諸君よ!
天皇の御名に於て君側の奸を屠れ!
国民の敵たる既成政党と財閥を殺せ!
横暴極まる官憲を膺懲せよ!
奸賊、特権階級を抹殺せよ!
農民よ、労働者よ、全国民よ、祖国日本を守れ!
而して
陛下聖明の下、建国の精神に皈り、国民自治の大精神に徹して人材を登用し、朗らかな維新日本を建設せよ。
民衆よ!
この建設を念願しつつ先づ破壊だ!
凡ての現存する醜悪なる制度をぶち壊せ!
偉大なる建設の前には徹底的な破壊を要す。
吾等は日本の現状を哭して、赤手世に魁けて諸君と共に昭和維新の矩火を点ぜんとするもの。
素より現存する左傾、右傾何れの団体にも属せぬ、日本の興亡は、吾等「国民前衛隊」決行の成否に非ずして吾等の精神を持して蹶起する国民諸君の実行力如何に懸る。起て!起って真の日本を建設せよ!
昭和七年五月
海軍青年将校
*五・一五事件決行の前日、昭和7年5月14日に三上卓が起草


コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です