第47回(令和2年度)大夢祭のご案内

合掌 昭和七年五月十五日、三上卓先生を始めとする先達は、昭和維新を目指して蹶起しました。それから八十八年の歳月が流れました。ところが、わが国は真の独立を恢復できないまま、内外の危機が深刻化しています。蹶起の二年前、「民族的暗闇を打開し、開顕しうるものは、青年的な情熱以外にはない」との確信に基づき三上先生が佐世保の軍港で作ったのが「青年日本の歌」(昭和維新の歌)です。現在の危機を打開するために、今ほど青年的情熱が求められる時代はないと、我々は信じております。
 維新の精神の発揚を目指し、花房東洋が昭和四十九年に始めて以来、四十七回目となる令和二年度 大夢祭を、以下の通り開催致します。「大夢」とは三上先生の号です。
 敗戦によって占領下に置かれたわが国は民族的自覚、國體に対する誇りを喪失し、植民地的属領国家の様相を呈しました。この状況を打破せんとして、昭和維新の精神を継ぐべく、多くの先覚者たちが身を挺して立ち上がって参りました。
 昭和三十五年十月十二日に浅沼稲次郎を誅し、同年十一月二日に自決した山口二矢烈士。昭和四十五年十一月二十五日に自衛隊決起を呼びかけた末、自決した三島由紀夫烈士と森田必勝烈士。平成五年十月二十日、朝日新聞の報道姿勢を糾さんとして、壮絶な自決を遂げた野村秋介烈士。さらに多くの先達が維新運動に挺身して参りました。
 本祭祀を、五・一五事件で斃れた犬養毅、官邸護衛の警視庁巡査・田中五郎の両英霊、昭和維新を願って蹶起した三上先生はじめ、これに連なる多くの先輩同志同胞にとどまらず、維新運動の先覚者の御霊をお祀りし、その志を受け継ぐ場にしたいと存じます。
 当初、『五・一五事件─海軍青年将校たちの「昭和維新」』(中公新書)を上梓された、帝京大学文学部史学科教授の小山俊樹先生をお招きして記念講演会を開催する予定でしたが、都合により中止いたします。どうか、一人でも多くの方にご参列いただけますよう、心よりお願い申し上げます。
       再拝
 令和2年4月

 日  時 令和2年5月15日(金) 受付 午前11時半
  第1部 大 夢 祭 正午   岐阜護国神社本殿(岐阜市御手洗393)
  第2部 直  会 午後1時30分 大夢舘(岐阜市真砂町1-20-1)
   神 饌 料 6,000円[記念品『五・一五事件』(小山俊樹先生著)]
*ご参列の場合には、info@taimusai.com宛てにご連絡いただければ幸いです。

大夢舘
代表
 坪内隆彦(愚斎)
副代表
 鈴木田遵澄(愚道)
執行役
 雨宮輝行(愚蓮)
 小野耕資(愚泥)
 坂本 圭(愚林)
 菅原成典(愚骨)
 中川正秀(愚山)
 花房 仁(愚元) 
 宮本 進(愚遊)
後見役
 奥田親宗(愚城)
 長谷川裕行(愚門)
 服部知司
 藤本隆之(愚庵)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です